エアコンをつけて寝ると翌朝だるい理由と夏の正しいエアコン設定

夏のエアコン設定
夏の熱帯夜が原因で、睡眠障害に悩んでいる人が増えています。

特に都心部では夜でも気温が下がりにくく、東京都で実施されたアンケートでは夜間でも気温が25度を下回らない熱帯夜において、睡眠障害を訴える人の割合が30%を超えました。

エアコンをつけて寝るという人もいますが、なかにはエアコンをつけっぱなしで寝ると身体が重く、朝だるさを感じてしまうためタイマーをセットする人もいます。

しかしエアコンが切れるとすぐに室温が上がり、暑くて夜中に起きてしまうことはありませんか?

そこで今回は、熱帯夜におけるエアコンの正しい使い方について紹介します。

スポンサーリンク

熱帯夜に熟睡するためにはエアコンが必須

まず睡眠のメカニズムから説明しましょう。「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という言葉を聞いたことがありますか?

人間は浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠の2種類を繰り返しながら、脳や身体を休めています。

特に重要なのが眠り始めに訪れるノンレム睡眠で、眠りが深ければ深いほど日中の疲れが癒やされます。

しかし熱帯夜などが原因で寝苦しさを感じると、眠りが浅くなってレム睡眠の割合が増えてしまい、いくら睡眠時間を確保しても前日の疲れが次の日に残ってしまうというわけです。

そのためエアコンを利用して室温や湿度を快適なレベルに調節し、朝までぐっすり眠れる環境を整えなくてはいけません。

エアコンで朝だるくなる原因

しかしここで問題になるのが、エアコンをつけっぱなしで寝ると翌朝だるさを感じるということです。その原因の1つに冷えすぎがあります。

運動したあとを想像してみてください。私たちの身体は熱をもって暑さを感じますよね。

運動とまではいかなくても日中の活動を終えて夜寝付くころには身体も熱をもっています。しかし寝ている間は大きなエネルギー消費がないため、夜寝るときにくらべて身体は若干冷えてくるのです。

寝ている間にも汗をかきますが、その汗が蒸発する際にも熱が奪われるので、朝方に向けて体温が下がるのはイメージしやすいと思います。

つまり寝入る時点でエアコンを快適な温度に設定すると、明け方には少し肌寒くなるにも関わらず、エアコンの冷気にさらされ続けることがだるさの要因となります。

寝るときのエアコンは3時間以上つける

今までの説明からぐっすり眠るためにはエアコンをつけたほうが良いけれど、翌朝のだるさ対策のためにも温度管理が重要だとわかりました。

そこで正しいエアコンのタイマー時間を紹介します。今までエアコンを1~2時間で切っていた人は、少なくとも3時間以上はつけるようにしてください。

この3時間という数字は、人間の睡眠サイクルから導き出しています。

私たちは深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)の1セット(約90分)を、一晩につき4~5サイクル繰り返しています。

そのなかでも寝始めの2サイクル(約3時間)は、深い眠りであるノンレム睡眠の割合が大きく、この時間帯にケガの修復や疲労を回復します。

つまりこの3時間は睡眠にとって特に重要な時間帯(睡眠のコアタイム)なので、寝苦しくないようエアコンで快適な環境を保ってください。

具体的な時間としては、夜中の3~4時頃までエアコンをつけていることをおすすめします。

その時間で試してみて、もし暑くて起きてしまうようだったら時間を少しずつ延ばしてみたり、寒く感じるようだったら切る時間を早めるよう調整してみましょう。

スポンサーリンク

寝るときのエアコン設定をカスタマイズする

その他にも寒いと感じたとき用に予備のタオルケットなどを準備しておいたり、エアコンの除湿モードの活用や、風向の調整、扇風機との併用などを試してみてください。

とくに女性や高齢者は男性に比べてエネルギー消費量が少なく、体温も上がりにくいため冷えを感じる人が多いようです。

自分に合った温度調整で、快適な睡眠生活を探ってみましょう。