ランニングだけじゃ意味がない!?体脂肪を落としたいなら筋トレから

体脂肪を燃焼させるダイエット
ダイエットを目的にスポーツクラブやジムに通う人もいると思います。

インストラクターなどプロの方の説明を聞くと、体脂肪を落とすにはランニングなどの有酸素運動を行う前に、スクワットなどの筋トレを先に行ったほうがいいという話をされます。

私みたいな素人の意見では、ダイエットが目的なら筋肉なんて付けたくないし、ランニングをしたほうが体脂肪を減らせるんじゃないかな?と想像してしまいがちですが、なぜ筋トレを先にすべきなんでしょうか?

今回は専門家の意見を交えながら、効果的なダイエットの手順を説明します。

スポンサーリンク

有酸素運動は脂肪を燃焼してくれる

ランニングや自転車、水泳などは運動しながら酸素を大きく吸う有酸素運動です。

それに対してダンベルやスクワットなどの筋トレは、酸素をエネルギーとして必要としないので無酸素運動と呼びます。

この2つで体の脂肪を燃やしてくれるのは有酸素運動のほうで、実は筋トレを行っている最中は脂肪はほとんど燃えていないんです。

それならダイエットが目的で体脂肪を落としたいなら、筋トレなんかせずに有酸素運動だけしてればいいようにも思いますが、そう簡単には行きません。

体重が仮に50kgの人が、約1時間ぐらいのランニング(有酸素運動)を行うと、だいたい消費カロリーは400kcalぐらいになります。

体の脂肪は約1kg当たり7200kcalのエネルギーを持っているので、1時間のランニングでも落とせる脂肪はほんのわずかな量だということがわかります。

さらに悪い知らせが、ランニングで消費した400kcalは全部脂肪からマイナスするわけではなく、脂肪と糖質を合わせたエネルギーから400kcalが消費されるので、脂肪だけで考えると1時間ランニングしても400kcalの半分の200kcal分しか消費されません。

このように、運動したときは脂肪と糖質の2つから、それぞれ半分ずつの割合でエネルギーとして消費されます。

有酸素運動だけで体脂肪を落とすのは難しい

有酸素運動ダイエット
ランニング1時間を例に挙げましたが、実際に1時間走るのは結構大変ですよね。

しかもそんな大変な思いまでして、脂肪が200kcal分しか消費されてなかったら、結果もろくに出せずにダイエットなんてやめちゃおうって思っても仕方ないです。

そこであなたに伝えたいのが、筋トレの作用です。

筋トレを行うと体の代謝が高まり、脂肪を燃焼させやすい体質になる

筋トレは先ほども説明しましたが、運動してる間は体脂肪をほとんど燃やしていません。

しかし、筋トレを行ったあとは筋肉がつく、つかないに関わらずすぐに体の代謝が上がってきます。

アメリカの研究ですが、筋トレを行ったあとに代謝が高まる状態は、約2日間続くという報告があるんです。

どういうことかというと、筋トレをしたあとの2日間は通常よりカロリーを消費しやすい体質になっているということ。

さらに先ほど、ただ有酸素運動を行った場合は脂肪と糖質の半分ずつが消費されると説明しましたが、筋トレのあとに有酸素運動を行うと脂肪のエネルギーが使われる率が高くなり、より体脂肪を落としやすい状態になっていることがわかっています。

筋トレ後に分泌されるアドレナリンと成長ホルモン

無酸素運動ダイエット
では、なぜ筋トレ後は代謝が高まり、脂肪が燃焼しやすい体質になるのでしょうか?

そこには、アドレナリンと成長ホルモンという2つのホルモンの働きがあります。

筋トレを行うと自律神経の交感神経の働きが活発になり、副腎から脂肪を分解する作用のあるアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンが分泌されることが代謝が上がる原因の一つで、さらに体脂肪を分解する働きもあるので、体脂肪が優先的に燃焼される理由の一つになります。

また、脳の下垂体からは脂肪を分解する働きを持つ成長ホルモンが分泌され始めます。

筋トレ後に有酸素運動を行うメリット

しかし成長ホルモンが分解した脂肪は、消費されたわけではないので血液中を巡っていてエネルギーとして燃焼されるのを待っている状態になります。

ここでランニングなどの有酸素運動を行うと、血中に分解された脂肪が燃焼されやすくなるんです。

筋トレをしなかった場合に比べ、断然脂肪の消費量が違うので、体脂肪がどんどん落ちていきます。

運動の順番を変えただけで、これほど体脂肪の消費量が違うなんて驚きですね。

ダイエットは辛いですが、どうせやるなら効率良く痩せたいので、今回紹介した順序は必ず守ってください。

ちょっと専門的な話になっちゃいましたが、効率的な体脂肪の減らし方について紹介しました。

スポンサーリンク