医師が考案!キャベツダイエットのやり方と成功者の口コミ


キャベツダイエットは肥満症患者に対して医師が考案したダイエット方法です。

すでに多くの成功例が出ている実績あるダイエット法なので、今まで失敗を繰り返してきた人にはぜひ試してもらいたいと思います。

今回はキャベツダイエットの方法や注意点、成功者の喜びの声を紹介しましょう。

スポンサーリンク

キャベツダイエットとは

キャベツダイエットとは置き換えダイエットの1つで、生のキャベツを食べることで満腹感を得て、他の食事量を減らすダイエット方法です。

キャベツを食べる以外に食事制限や運動などは必要ないため、誰でも簡単に始めることができます。

キャベツダイエットは口コミでも評判が良く、実績の多い人気のダイエット法なんですよ。

キャベツダイエットの効果

キャベツダイエットは置き換えダイエットの1つですが、置き換えダイエットというからにはキャベツを食べたことでそれなりの栄養や満腹感を得なければいけません。

キャベツには食物繊維やビタミンCが豊富に含まれ、それぞれがダイエットの強い味方になっています。

さらにキャベツはその繊維質から歯ごたえも十分にあり、咀嚼回数を増やすことで満腹感が得られやすい食材としてダイエットに最適です。

それではキャベツの栄養成分から、具体的なダイエット効果を見ていきましょう。

食物繊維の効果

キャベツには水に溶けにくい不溶性食物繊維が多く含まれ、胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ、腸を刺激してダイエットの天敵である便秘解消に効果があります。

また、よく噛まないと飲み込めないため自然と咀嚼回数が増え、脳の満腹中枢に刺激を与えて食べ過ぎ防止に役立ちます。

ビタミンCの効果

キャベツに含まれるビタミンCはとても豊富で、キャベツの葉2~3枚で1日に必要なビタミンCが補えてしまいます。

その他にもキャベツにはビタミンU、ビタミンK、βカロチン、カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、葉酸など、現代人には嬉しい優れた栄養価を持つ野菜です。

置き換えダイエットでは栄養面での心配もありますが、キャベツの豊富な栄養素で置き換えダイエットのデメリットをカバーします。

キャベツダイエットのやり方とおすすめレシピ

キャベツダイエットの方法について、ポイントを次にまとめました。

キャベツダイエットのポイント

  • 食前にキャベツを生のまま食べる
  • 食べる量は1/6個(約200g)
  • よく噛んでゆっくり食べる

キャベツを茹でるなど火を通してしまうと大事な歯ごたえが失われるため、できるだけ生のまま食べてください。朝・昼・晩の食べれるときだけで構いません。

よく噛んで満腹感を得ることがポイントなので、キャベツは大きめに切って食べ、千切りなど細かな切り方は避けましょう。

また調味料もカロリーを控えるため、しょう油やソース、ノンオイルドレッシングがおすすめです。

キャベツダイエットの注意点

キャベツが身体にいいといっても食べる量を守って、食べ過ぎに注意してください。

キャベツには不溶性食物繊維が多く含まれると説明しましたが、不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収する働きがあるため、摂り過ぎると便が硬くなって便秘になりやすくなります。

キャベツダイエットの口コミ

キャベツダイエットを試した人の口コミには効果を実感したというものが多いようです。

それでは実際の口コミを見てみましょう。

20代 女性の口コミ ★★★★☆

毎日キャベツばかり食べるのでうさぎの餌みたいでイメージ悪かったけど、体重計を見て驚きました!

1カ月続けてマイナス4kgの現在55kgです。目標は50kgなのでもう少し続けてみます!

30代 女性の口コミ ★★★★★

朝と夜にキャベツダイエットと、帰宅時にウォーキングを組み合わせてダイエットしています。

3カ月経って8kg落としました。身体が軽くなって体調もとてもいいです。

20代 男性の口コミ ★★★☆☆

実家が農家でキャベツを栽培しています。子どもの頃からキャベツは毎日食べますが、昔からぽっちゃり体型です。

千切りで早く食べるからいけないのか、ルールを守ってざく切りのキャベツをゆっくり食べてみます。

40代 女性の口コミ ★★★★★

キャベツは好きですが、ダイエットにいいと聞いてすぐ試してみました。結果、大成功です。

今まで横ばい、ときどき増加傾向だった体重が、キャベツダイエットを始めてから3kg痩せました。

私はキャベツをあらかじめ角切りで冷蔵庫に保存しておき、お腹がすいたら少しずつ食べるようにしています。

スポンサーリンク

キャベツダイエットのまとめ

キャベツダイエットは生のキャベツをゆっくり食べて満腹感を得て、1日の摂取カロリーを減らすのがポイントです。

食べる時間や量など基本ルールはあるものの、自分にあったスタイルでとにかく続けることを目標にしましょう。

ただし、キャベツがダイエットにいいからといって食べ過ぎはいけません。あくまでも摂取カロリーの削減を意識して続けてください。