爽快!ハッカ油で夏のお風呂やシャワーが気持ちいい

ハッカ油のお風呂
夏にひんやりと気持ちいい、ハッカ油のお風呂はいかがですか?

ハッカ油をたった1~2滴バスタブに入れるだけで、汗もひいてしまうほど体感温度を下げてくれるんです。またシャワー派の人には、ハッカ油を混ぜたシャンプーやボディーソープも効果がありますよ。

今回は、ハッカ油で夏の熱いお風呂を快適に変えてしまう裏ワザを紹介しましょう。

スポンサーリンク

ハッカ油で夏のお風呂も爽快に

せっかくお風呂で汗を洗い流しても、湯上がりに汗をかいて不快に感じてしまうことがあります。そんなときこそハッカ油を入浴剤として使ってみましょう。

やり方は簡単!まずは湯船にハッカ油を1滴垂らして、よくかき混ぜてください。すると爽やかなミントの香りがスーッと広がってきます。

そしてお風呂に浸かるとハッカ油に含まれる天然メントールの働きから、熱いお風呂もひんやりとした清涼感が得られるようになるんです。

効果が足りないと感じたら、もう1滴加えてください。通常は湯船に対してハッカ油を2滴も加えれば十分ですが、それでも足りなければ3滴目を加えましょう。

ハッカ油でお風呂が冷たく感じる理由

この効果を不思議に思われるかもしれませんが、お風呂にハッカ油を加えてもお湯の温度が下がるわけではありません。

ハッカ油に含まれる成分メントールが、肌の冷感を引き起こす部分を刺激するため、脳に冷たいと感じさせるのです。

これは唐辛子に含まれるカプサイシンの働きとよく似ています。辛味成分のカプサイシンを食べると身体が熱く感じますが、ハッカ油のメントールは逆に冷たく感じさせます。

シャンプーにハッカ油をプラス

ハッカ油シャンプー
お風呂でバスタブは使わず、シャワーだけで済ませる人も多いでしょう。そんなときにもハッカ油は役立ちます。

シャンプーやボディーソープを手に取ってからハッカ油を1滴加え、手の平でよく混ぜて使ってください。

ハッカ油には除菌や消臭効果もあるため頭皮を清潔に保ち、汗臭さも一気に吹き飛ばしてくれます。夏のお風呂には欠かせないアイテムですね。

ハッカ油の足湯で除菌・消臭対策

ハッカ油の足湯
ハッカ油の除菌・消臭効果についてお話しましたが、ここでオススメしたいのがハッカ油を使った足湯です。

革靴やブーツなどで蒸れて足のニオイが気になるときは、洗面器にお湯をはってハッカ油を1滴垂らした足湯に浸かりましょう。

足を清潔に保つだけでなく、ミントの爽やかな香りでニオイも気になりません。

ただ、洗面器の素材によっては変色する恐れもあるので注意してください。

スポンサーリンク

お風呂でのハッカ油活用法まとめ

夏になるとクールタイプの入浴剤が出回りますが、ハッカ油ならたった1~2滴で同等の清涼感が得られます。

爽やかなハッカ油の香りで心も身体もリフレッシュされ、清涼感・除菌・消臭と、お風呂には欠かせないアイテムとなるでしょう。

さらにハッカ油にはお風呂以外にも虫除けや制汗スプレーなど様々な使いみちがあるため、持っていて絶対に損はありませんよ。

ハッカ油の購入方法や注意点、その他の活用法について「すぐできる!ハッカ油のおすすめ活用法5つ」の記事でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。