社内恋愛は禁止?秘密を守れない女性ならではの3つの理由とは

社内恋愛の秘密
社内恋愛に興味ありますか?

就業規則などに記載はないものの、もし男女の関係がこじれた場合はその後の仕事に支障が出るため、基本的に社内恋愛は禁止にしている会社も多いと思います。

そのせいか、付き合い始めのワクワクと同時に、教師と生徒の”禁断の恋愛”のように周りにバレないかというドキドキも相まって、さらに社内恋愛が楽しくなってしまいます。

この場合、秘密を守るのは大切なことですが、皆さんはちゃんと守ることができますか?

スポンサーリンク

社内恋愛からみる男性と女性の違い

男性が社内恋愛について同僚などに話してしまうのは、自慢からという理由が多いですが、普段から自慢をするようなタイプじゃない場合は、女性側がストーカー気味で助けて!など、よほどのことがなければ周りに話すことはありません。

しかし、女性は違います。

まるで生まれつきの広報担当のように、彼氏や旦那のことを地元の友達や職場の同僚に話してしまいます。

一応、秘密であることは理解しているので、「絶対に言っちゃダメだよ!」や「○○ちゃんしか話せないけど…」と前置きはするのですが、話している側も聞いている側も特に秘密を守る意識は低いようです。

イギリスの化粧品メーカーであるSimpleが、女性3000人を対象に行った調査によると、他人から「これは絶対秘密だけど…」と聞いた内容を、女性は平均32分しか秘密を守れないという結果が出ました。

男性の場合、お金儲けが絡んで暴露本などを出す場合はありますが、一般的には秘密を墓場まで持っていく人が多い反面、女性は聞くのも話すのも大好きで特にゴシップについては興味津々です。

女の口に戸は立てられない3つの理由

なぜ女性は秘密を守れないのでしょうか?それには女性特有の3つの理由があるんです。

1、同僚ではなく、友達として見ている

社内恋愛が禁止や周りに話してはいけないということは理解しています。

しかし、女性はすぐグループを作ることからもわかるように男性より仲間意識が強く、職場の仕事仲間というよりは、仲がいい友達として見ています。

昔から仲の良い女友達のようにお昼休憩や飲みの席では、恋愛話はいつでも話題に上がる鉄板テーマ。

ここで話さなきゃ先に進めないこともあって「実は私…」と周りの友達に話していきます。

あくまで会社の同僚ではなく、女友達としてプライベートを話すので、この時点で特に秘密だとは意識していません。

この情報は話を聞いた友達の彼氏や旦那にも当然伝えられ、職場でも友達からバレバレなフォローが入るなど、あっという間に広がって行きます。

2、女性は男性よりも大きな愛情を注ぐ

男性の場合は、特に結婚前の女性に対して仕事とどちらが大事か比べると、どうしても会社や仕事を優先してしまいます。

もちろん男性は将来のこともあるので、会社への忠誠や仕事へのプライドを持つのは当然ですが、女性はいざとなれば寿退社もあり、付き合っている男性か仕事かと比べると男性を選ぶ人が多いでしょう。

社内恋愛で男性への愛情が大きい分、その男性に困っていることがあれば全力でフォローしようと、女同士の井戸端会議の中で男性が悩んでいることについて相談して解決する努力をします。

女性の場合、会社の規則より男女の関係のほうが重要なので、この時点で秘密だった社内恋愛がバレてしまい、仕方なくという形で広まっていくこともあるようです。

3、女性は1日6000語を吐き出す必要がある

女性は特に話したい!という話題がなくても、女同士なら延々としゃべり続けられます。

これは男性には理解できない女性特有の性質で、1日に約2万語の言葉が脳裏に浮かんで、話すのを心待ちにしています。

その2万語のうち、少なくとも6000語は吐き出さないとストレスが溜まってしまうそうで、しゃべる相手を見付けてはストレスを溜めないよう話す必要があります。

女性はおしゃべりが好きと言いますが、これはストレスを溜めないようにする生理現象からくるものだったんですね。

1日6000語を話すには、やはり会社にいる時間が1番長いので同僚に、しかも話が理解できる社内のことをとなれば、いずれは彼氏の話になるのは時間の問題でしょう。

こんな理由からも社内恋愛は広まっていくとは…恐いですね。

スポンサーリンク

女性にとって話すことは正義

今回は社内恋愛を例に挙げてみましたが、女性にとって秘密を守ることは本当に大変だということがわかりましたか?

中には「私は違う!」とはっきり言い切れる人もいると思いますが、今回紹介した例はあくまで一般的な女性についてであって、会社をやめることがないようなプロ意識が高い女性や役職の高い女性、考え方がいつも男性っぽい男性脳な女性などは、もちろんこの限りではありません。

しかし、ほとんどの女性にとって話すということは呼吸をすることと同じこと。

「女の勘は当たる」と言いますが、男性より女性は情報共有する能力が高く、人生でこれまでに蓄積された情報から裏付けられた結果であって、何も偶然当たったわけではないんです。

読者の中で社内恋愛をしている方がみえましたら、相手の男性のためにも細心の注意を払って、生活を送ってください。

努力の末、お二人が幸せになれるのを心より応援しています。