石原さとみが大胆イメージチェンジ!ゆるふわ系女子から兵器隊長に

進撃の巨人
現在全世界でコミック累計発行部数5000万部を突破した「進撃の巨人」は、これまで実写不可能と言われてきただけに、その動向が注目されてきました。

そして7月21日、東京国際フォーラムにて完成披露ジャパンプレミアが行われ、三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、樋口真嗣監督が勢揃いしました。

ATTACK ON TITAN
今回が国内初お披露目となった映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」で、主人公・エレン役を演じた三浦春馬は「今最も日本で有名で力を持っている『進撃の巨人』を原作に、実写版を撮らせていただけること、主演として参加させていただいたことに本当に感謝しています。」とコメントしています。

日本に先がけて、7月14日にハリウッドで行われたワールドプレミアでは、約5分間のスタンディングオベーションが続き、アメリカの映画ファンたちをも熱狂させました。

拍手が鳴りやまない客席を見た水原希子は、「春馬さんと2人で立ちつくしちゃって、感動してうれし泣きしそうになりました。」とその瞬間を振り返り、三浦春馬は、「海外の方は上映中も歓声を上げてくれたり、感情表現豊かで、そんな経験が今までなかったので嬉しかったです」とワールドプレミアでの成功を喜びました。

本作の見どころのひとつに、立体機動装置を使って空中で巨人と戦うアクションシーンがあります。

キャストの中で最初に挑んだという長谷川博己は、「恐ろしくて死にそうになり、つい叫んでしまいました!」と振り返り、現場でそんな彼を見ていた三浦春馬は、「それまですごく寡黙だった長谷川さんが、いきなり20mくらいのところで“フォー!!”って叫んでらっしゃったので、こんな一面もあるんだ、話しやすそうな人だなって思いました(笑)」と舞台裏の出来事を話してくれました。

石原さとみ
今まではドラマなどで女子力の高い役を多く演じてきた石原さとみは、映画がクランクインしたのが「失恋ショコラティエ」が終わった直後だったので、ゆるふわな小悪魔系女子から真逆の役を演じることになり、「それまではトリートメントして髪の毛をきれいにしていたんですけど、ハンジという役はボサボサにしなくてはならないので、あえてダメージを与えたりしました。あと、叫ぶシーンが本当に多かったので、口に砂とかが入ってきて、1カットずつ毎回うがいをしてました。」とこれまでとは違う体当たりな役どころを楽しんでいたそうです。

アルミン役を演じた本郷奏多は、「監督は役者陣が言ったこともすごく聞き入れてくださる方で、僕のお願いもたくさん叶えてくれました。冒頭のナレーションをやりたいと提案したらやらせてくれたし、僕も偉い人が着るマントが着たいです、って言ったら着せてくれました(笑)なんでも叶えてくれるので、ビジュアルも含めて、僕は監督のことをドラえもんだと思ってます。そんな監督が大好きです。」と樋口監督への想いを語ると、樋口監督は「ありがとう」とドラえもんの声マネで答えて会場を笑わせました。

三浦春馬
三浦春馬は、「役作りに生かしてほしいと、『時計じかけのオレンジ』、『シャイン』、『クロニクル』のDVDを渡してくれましたが、何回見ても『進撃の巨人』の世界観とはマッチしてなくて、理解に苦しみました…。今まで言えなかったんですが、素直になれなくてすみませんでした。」と樋口監督に対して本音を激白しています。

そんなキャストから愛される樋口監督は、普段はマンガはあまり読まないが、「進撃の巨人」は2巻の表紙に惹かれて購入したそうで「このマンガは映画化したらおもしろそうじゃないかというその時の衝動でここまできた」と実写化をするに至った経緯を語りました。

「原作者の諫山さんとずっとやり取りをして、原作の一番おもしろい要素をどれだけ詰め込めるかということを考え、マンガの絵の間にあるすき間にキャストの皆さんの肉体、精神を注ぎ込むことでより深い作品になるようにしました。」と作品への熱い思いを話しています。

スポンサーリンク