SNSでやりがちな失敗!LineやFacebookでの恋愛に気をつけて!

SNSの利用
スマホの普及によりメール、LINE、SNSや婚活サイトなど、恋愛はますます複雑化するばかり。。

全てのツールで正しいマナーを心得ていないと、恋愛でトンでもない失態を犯してしまうかもしれません。

スマホ時代の恋愛で悩む皆さんへ、海外ファッション誌「GLAMOUR」に紹介された記事を参考にお届けしましょう。

これを読んだら、LINEやSNSなどスマホの使用を少し控えたくなってしまうかも!?

スポンサードリンク

1、SNSを使うとネット上で人を判断しがち

ひと昔前は、気になる相手の交友関係や趣味、学歴などは実際に一緒に過ごしながら、お互いに少しずつ学んでいきました。

しかし現代ではFacebookで友達になれば、相手の趣味や友達、休日の行動など一目瞭然!

実際に会う前でも簡単に相手のことが分かってしまうので、相手のことについて聞き出そうという好奇心が薄れてしまうのに加えて、ネット上だけで相手のことを判断しがちになっちゃいます。

就職活動などと一緒で、実際にその会社で働いてみないとわからないように、どういう会社なのかは求人広告だけでは見えてきませんよね。

Facebookだけで他人を判断するのは間違いだとわかると思いますが、だからと言っていきなり全てのSNSを絶つのは簡単ではないので、せめて自分の基本情報は最小限にシェアするのが無難です。

2、関係が軽く、次々と相手を乗り換えてしまいがち

今の時代は簡単にSNSで友達が増え、出会い系サイトなどで簡単に他人と出会えるようになりました。

そうなると、「この人だ!」と決めた異性との関係を深める前に、次から次へと新しい出会いに走ってしまうがちです。

選択肢が多いことは悪いことではありませんが、”二兎追うものは一兎も得ず”と言うように、気が付いたら本命はどこにもいず、周りには薄っぺらな関係の人しかいなかった。。なんていう事態になりかねません。

若いうちは自分に合う人を見付ける目を養うために、そのような関係も構いませんが、いつまでもそういった実を結ばない関係ばかりにないように気をつけたいですね。

3、ネット上のやり取りだけで満足する人もいる

なかには実際に会わずに、相手とメールのやり取りだけでその場の寂しさを紛らわすだけの人もいます。

自分の都合のいいときに、適当に相手をしてくれるメル友を何人も持ち、あたかも自分がモテているかのような錯覚を楽しむわけです。

ですがネット上だけの関係は、真剣な交際や結婚に繋がることはほぼあり得ません。

ネットだけのやり取りに慣れてしまうと、本物の恋愛関係を築くことを恐れるようになってしまうこともあるので、ネットの世界から抜け出す勇気を持つべきです。

SNSに振り回されて正しく利用できないのなら、1日1回しかアクセスしないなど使用頻度を減らしたり、しばらく離れてみる必要もあるかもしれませんね。

スポンサードリンク