夏バテ対策に効果的!夏バテに効く食べ物や飲み物まとめ

夏バテ対策
暑い日が続くと普段より多くの体力を使い、自分でも知らぬ間に疲れが溜まってしまいます。

日本の夏はジメジメした暑い街なかや、冷房がガンガン効いた室内への出入りで、体の調整に自律神経が酷使されて疲労が溜まりやすくなっているんです。

そのため食欲もなくなり、夏バテ気味の人も多いのではないでしょうか?

夏バテになると体内の水分が不足し、胃腸が弱って肌が荒れてしまったり、カサカサになってしまったりと肌トラブルも増えてきます。

この夏バテによるトラブルは、まず食べること!

食欲がない分、食べやすくて夏バテに効果的な食べ物や飲み物で、体の内側から解決するのがポイントです。

スポンサーリンク

夏バテに効果のある食べ物

夏バテに効果的な野菜としては、主にキュウリ・ナス・トマト・ピーマン・オクラ・トウモロコシなどの夏野菜です。

どの野菜も1年中スーパーで見かけますが、これらはもともと夏が旬の野菜なんです。

夏野菜にはカロテンが含まれており、胃や腸の健康維持や美容にも効果があり、栄養素の効果を生かしてくれる「酵素」も多く含まれているんですよ。

また、フルーツならレモン、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類です。

これらのフルーツには酸味であるクエン酸が含まれていて、「疲労回復」「体の酸化を防ぐ」「内臓機能の向上」などの効果があります。

夏バテに効果のある飲み物

次に、夏バテに効果的な飲料としては、グレープフルーツジュースやレモンジュース、アセロラジュースなどがオススメです。

これらのジュースはビタミンCを多く含んでいて、抗酸化作用やストレスへの耐性を高める効果があります。

夏バテ対策に冷やし夏野菜カレー

夏野菜カレー
夏野菜を使った料理と言えばやっぱり「夏野菜カレー」です。

この夏野菜カレーは、実は夏バテしたときにぜひ冷やして食べることをオススメします。

暑いときに熱いカレーを食べるのは、夏バテで食欲がないときにはかなりのハードワークになってしまいますが、冷やして食べることで食欲があまりなくても食べやすいカレーになります。

また、夏野菜をふんだんに入れれば、カラフルな見た目が食欲をそそるようになるし、カレーに含まれる香辛料が食欲を増進してくれるので、夏バテであまり食欲がない人でも食べてもらえること間違いなしです!

どうしても食が進まない人は、ご飯をなくしてカレースープのようにしたり、トマトペーストで隠し味にしてスッキリとした食べやすい味に変えてみるのもテクニックです。

夏バテで悩んだら、ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク