夏の脇汗ニオイ対策には「殺菌・ケア・デオドラント」の3つ

女性の汗対策150705
夏になると気になるのはやっぱり汗。

その中でも気になるのが、「脇汗」ではないですか?

脇には汗が出る汗腺が集まっているため、体の他の部分より汗がかきやすいのは当たり前なんですが、女性としては特に「ニオイ」をどうにか対策したいですよね。

今回は夏の汗対策をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

汗には「良い汗」と「悪い汗」の2種類がある

実は、汗には2つのタイプがあるってご存知ですか?

1つは運動などでかく「エクリン腺」と呼ばれる汗腺から出る汗。

この汗には、ニオイはほとんどありません。

しかし、もう1つの「アポクリン腺」から出る汗は、脂質やアンモニアが含まれているため皮膚の常駐菌などの雑菌と混ざると鼻をつく臭いを発生してしまいます。

アポクリン腺から出る汗は、緊張やストレスなどを感じたときに分泌されます。

満員電車の中、人混みでストレスを感じて出る汗は、臭いの原因となってしまうわけですね。

できればアポクリン腺の汗はかきたくないですが、現代社会で緊張やプレッシャーと無縁な生活を送るのは難しいものがあります。

そんな人も心配ご無用、「脇のニオイ」をブロックする方法はあるんです!

殺菌効果のある薬用石鹸「ミューズ」

ミューズ
Photo by Amazon

知らない人はいない薬用石鹸「ミューズ」。

手洗い用の石鹸というイメージが強いでしょうか。

「ミューズ」には殺菌効果が強いので、脇のにおいに高い効果を発揮するのでボディソープとして使用するのもおすすめです。

ただし、肌が弱い人にはちょっと刺激が強いかもしれないので、必ずよく泡立ててから使用してください。

汗の臭いが気になる人は、体全体ではなく脇部分にミューズの泡をつけて2~3分放置する「泡パック」など、ピンポイントでケアするのも効果がありますよ。

お風呂で殺菌効果のある泡パックで、清潔な土台づくりを行いましょう。

汗には「良い汗」と「悪い汗」の2種類がある

オドレミン
Photo by Amazon

「オドレミン」は、コットンに染み込ませて脇を軽くぬぐうように使用します。

これだけで夜まで汗の嫌な臭いを防ぎ、汗をかきにくくしてくれる便利なアイテムなんです。

通販サイトなどの口コミによると、服が黄ばまないので脇染みを気にせず、服選びにも幅が広がると高評価を集めています。

脇のニオイに悩まされてきた人は特に効果が実感できるので、お出かけ前のピンポイントケアとして是非試してみてください。

アメリカ製のシークレットで、汗からいいニオイを

シークレット
Photo by Amazon

脇の汗のニオイを抑えて、さらにいい香りもつけれたら完璧ですよね。

そんな方にピッタリなのが、アメリカ製の「Secret(シークレット)」です。

アメリカ製の香りって化学薬品っぽくてちょっとキツイ。。って思ってる方も多いのではないでしょうか?

このシークレットの香りはそれほど強くなく、かなり控えめなので安心してください。

さらに、自分の好みの香りが選べ、持ち運びに便利なスティックタイプなので外出先のケアにも役立ちます。

しかし体質によっては肌荒れを起こす場合もあるので、夜はきちんとお風呂で洗い落としてください。

手軽にできる夏の脇汗対策

電車でつり革につかまったり、棚の上の資料を探したりと、脇のニオイを気にするシーンは少なくないはず。

手軽にできるケアで、夏の脇汗のニオイ対策を行いましょう。

スポンサードリンク