カップル3年目の壁!マンネリ化を解消して別れる危険を回避しよう

マンネリ化
付き合い始めってドキドキもワクワクもいっぱいで、頭の中はいつも彼のことが気になっちゃって楽しいですよね。

しかし1年経ち、2年目にもなると「また?たしか去年も同じ。。」と少しずつマンネリ化を感じるようになるカップルも多いのではないでしょうか?

2年目は我慢できても、それが3年目にもなるとイライラが溜まってきてストレスに感じるようにも。

できれば長く付き合いたいと思っても、自分一人じゃ解決できない問題なので、どうしようもならない場合もあります。

そこで、今回はこの恋愛における3年目の壁をどう乗り切るかという問題について、3つの対策をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

ミステリアスな部分を残す

お互い過ごす時間も長くなると裸で彼の前をウロウロ歩いたり、付き合い始めの恥じらいや礼儀が感じられなくなることも多いです。

このことが一見マンネリ化とは関係ないようにも見えますが、実は大きく影響しているんです。

付き合い始めが楽しいのは、会うたびに相手のことを知れて、どんどん探究心が満たされていくから。

男性は常に何かを追い求めています。

いつまでもドキドキを感じたい場合は、「仲のよい夫婦」的な間柄ではなく、「恋人同士」としての関係も忘れないようにしてください。

着替えるとき、お風呂に入るときはせめて彼の見えないところで服を脱ぎましょう。

自分で守るべきところを決めて、メリハリをつけてみてもいいですね。

一人の時間を充実させる

付き合い始めの時期を思い出してください。

会える時間が限られているから、その時間を大切にできる、また自分一人の時間があるからこそオンオフの切り替えができるんです。

しかし3年目にもなると二人でいる時間も長くなり、自然といつも相手のことを考えないと行動できない、彼任せでいつしか受け身になってしまいがちです。

二人で行動するときと一人での時間をきちんと分けて、自分だけの時間も大切にしましょう。

人に合わせることはときとしてストレスを感じてしまいますが、彼のことを考えずに何か新しい趣味を見付けたり、一人でリラックスする時間も適度に入れていけば、マンネリもそこまで感じなくなりますよ。

お互いが充実した時間を過ごせて満たされていると、二人でいる時間も今まで以上に「楽しい」「幸せ」と感じられるはずです。

つねに努力を忘れない

仕事と同じように、恋愛もお互い努力しなくては長続きしません。

マンネリが苦にならない人もいれば、それが原因で別れてしまうカップルもいます。

マンネリ化を強く感じるようになる付き合って3年目は、特に注意が必要です。

相手だって辛い別れは望んでいませんので、二人の関係で問題を感じるようになったら時間をつくって話し合い、付き合い始めの頃を思い出しましょう。

付き合い始めが楽しかったのは、二人にお互いを楽しませる素質があるっていうこと。

関係が変わって楽しめなくなったのなら、その部分をもとに戻せばいいだけ。

続けるってことは何でも努力が必要ですので、二人の関係も面倒くさがらず、つねに努力を忘れないようにしましょうね。

いつまでもお幸せに♡

スポンサードリンク