食べ合わせが重要!ヨーグルトダイエットを成功させる方法


ヨーグルトダイエットでは菌の種類はとくに関係ありません。乳酸菌やビフィズス菌などヨーグルトに含まれる善玉菌は、どれも腸内で素晴らしい働きをしてくれます。

重要なのは取り込んだ善玉菌を活性化させて腸内で増やすこと。善玉菌が元気になれば悪玉菌が減り、腸内環境が整って痩せやすい体質へと変化します。

そのためには、ヨーグルトと一緒に善玉菌のエサとなる食材を食べるのがおすすめです。

今回はヨーグルトダイエットを成功させるため、善玉菌を活性化させる食べ合わせ方法を紹介します。

スポンサーリンク

ヨーグルトダイエットとは

ヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌により腸内環境を整えて、スリムな体型を目指すダイエット方法です。

ヨーグルトダイエットを紹介している情報のなかには、ヨーグルトを温めて食べる「ホットヨーグルト」を勧める内容のものもあります。

冷たいものを食べるとお腹を冷やして代謝が悪くなるという理由ですが、ヨーグルト1個食べたぐらいでは体内ですぐに体温と同じ温度になるので心配いりません。

ヨーグルトはそもそも冷蔵保存で賞味期限も短く痛みやすい食べ物なので、生きた菌を腸に届けるためにも冷たいままのヨーグルトで大丈夫です。

ヨーグルトダイエットの効果

ヨーグルトのダイエット効果において、乳酸菌とビフィズス菌の働きについて紹介しましょう。

この2つはどちらも人間の体内へ生きたまま届き、腸が正常に活動できるようサポートして体内の老廃物を排出します。

その結果、身体の基礎代謝が良くなり健康維持や便秘の解消に効果があります。

乳酸菌の働き

年齢とともに増えてくる悪玉菌は多くの毒素(アンモニアや硫化水素など)を発生し、腸を腐敗させて病気の原因や老化の促進につながるなど身体に悪影響を及ぼします。

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は糖質を原料に乳酸をつくり出し、この作用から腸内を弱酸性に保って悪玉菌の働きや繁殖を抑えているのです。

また最近の研究では、乳酸菌が血中の善玉コレステロールの低下を抑え、中性脂肪の値を低下させる効果が期待できることも証明されています。

ビフィズス菌の働き

乳酸菌が体内のどこにでも生息できるのに対してビフィズス菌は大腸でしか生息できませんが、ビフィズス菌には乳酸だけでなく酢酸も生成する作用があります。

酢酸には脂肪が溜まるのを抑える働きがあることから肥満防止に役立ち、肥満が原因の糖尿病予防にも効果があることが日本栄養・食糧学会の学会誌で報告されました。

乳酸菌には350を超える種類があってそれぞれ効果も違うため、一概に乳酸菌とビフィズス菌でどちらがいいとは言えませんが、どちらも腸内環境を整えて腸の運動を活発にし、肥満防止や便秘解消に役立っています。

ヨーグルトダイエットのやり方

ヨーグルトダイエットの方法について、ポイントを次にまとめました。

ヨーグルトダイエットのポイント

  • 1日100g(1個)のヨーグルトを食べる
  • 善玉菌を増やす食べ物と一緒に食べる

ヨーグルトには何億もの乳酸菌やビフィズス菌(善玉菌)が含まれているため、毎日少し食るだけでも効果があります。

ヨーグルトの菌の種類や食べる時間は重要ではなく、ポイントは腸まで届いた善玉菌を活性化させて増やすことです。

善玉菌のエサとなる食材を一緒に食べることで腸内で善玉菌の数が増えていき、悪玉菌を減らして腸内環境を整えることができます。

善玉菌を増やすには、善玉菌が喜ぶオリゴ糖やグルコン酸、食物繊維などの栄養成分を含んだ食材を食べるのがおすすめです。

善玉菌を増やす食材

次に善玉菌を活性化させる食材をまとめました。

これらをヨーグルトと一緒に食べることで乳酸菌やビフィズス菌のエサになり、腸内で善玉菌を増やすことができます。

成分 食材例
オリゴ糖 牛乳、バナナ、はちみつ、きな粉、ごぼう、玉ねぎ、豆類など
グルコン酸 はちみつ、米、しいたけ、ワイン、豆類など
食物繊維 ライ麦パン、切干大根、干ししいたけ、海藻類、豆類など

豆類のなかには大豆を加工した味噌やしょう油、納豆なども含まれます。

ヨーグルトダイエットのおすすめレシピ

オリゴ糖やグルコン酸を含む食材を参考に、ヨーグルトを食べるおすすめのレシピとして、「バナナヨーグルトのはちみつ和え」はいかがでしょうか。


ヨーグルトにスライスしたバナナを加えて、適量のハチミツをかけて完成です。

これは腸内で善玉菌を増やすための最強の食べ合わせ方法なので、ダイエットや健康のためにぜひ試してみてください。

ヨーグルトダイエットの注意点

腸内環境はヨーグルトを食べてすぐ変わるものではありません。少なくとも2週間以上は毎日ヨーグルトを食べてください。

ダイエット効果はすぐには出ないため、続けることが大切です。

また、ヨーグルトにはドリンクタイプのものもありますが、ヨーグルトダイエットのやり方でも説明したとおり、ヨーグルトの菌の種類はとくに関係なく摂取量が少なくても善玉菌は何億個と入っていいますので、飲むヨーグルトでも全く問題はありません。

ただヨーグルトをレンジで加熱するのはやめてください。人間も急に気温が変わったら体調を崩すように、ヨーグルトの善玉菌もレンジで加熱することで働きが鈍くなってしまいます。

乳酸菌やビフィズス菌も生き物だということを意識して、どうしてもホットヨーグルトとして食べたい場合は、湯せんなどゆっくりと温度を上げる方法で温めてください。

スポンサーリンク

ヨーグルトダイエットの口コミ

次にヨーグルトダイエットの口コミを紹介します。

ヨーグルト好きには嬉しいダイエット法なので、毎日続けるにも全く苦になりませんね。

20代 女性の口コミ ★★★★☆

ヨーグルトダイエットを毎日食べてもずっと変化なかったから諦め始めた3カ月目、ようやく2kgは減りました。

ヨーグルトのおかげかはわからないけど、とくに他にダイエットやってないし腸内環境が良くなったんだと思います。

30代 女性の口コミ ★★★★★

ヨーグルトダイエットにハマって、スーパーでいろんな種類のヨーグルトを買っています。

私は甘くないのが好きなのでプレーンタイプのビヒダスヨーグルトがお気に入りで、ブルーベリーやマンゴーを混ぜて食べていますがとてもおいしいですよ。

40代 女性の口コミ ★★★☆☆

ヨーグルトをレンジで加熱してはいけないのを知って、1カ月以上ムダにしちゃいました。

たしかに生きものをレンジで加熱だなんて想像しただけで罪悪感でいっぱいです。ごめんなさい、乳酸菌。

20代 女性の口コミ ★★★★☆

お昼にコンビニのブルガリアヨーグルトを買って食べてます。ヨーグルトダイエット2週間経ちましたが、まだ体重に変化はありません。

でも今まで便秘ぎみだったのが最近は解消されたみたいで全然困ってません。なんか嬉しいです。

スポンサーリンク

ヨーグルトダイエットのまとめ

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は年齢を重ねるごとに減っていき、悪玉菌の増殖をまねいて肥満や成人病、がんなどの原因となってしまいます。

少しずつでいいので毎日ヨーグルトを食べて腸内環境を整え、便秘を予防したり痩せやすい体質づくりをサポートしましょう。

ヨーグルトダイエットで重要なポイントは、腸内に栄養を送って善玉菌を活性化させることです。

ヨーグルトだけでなくオリゴ糖やグルコン酸、食物繊維を含む食材も一緒に食べて、ぜひヨーグルトダイエットを成功させてください。