こんにゃくダイエットで1日に500kcal減らす方法


刺し身こんにゃくやこんにゃくラーメンを食べたことはありますか?

低カロリーなのにとてもおいしく、簡単にダイエットができる食材として人気が出てきました。

今回は、こんにゃくダイエットのやり方と注意点について説明します。

スポンサーリンク

こんにゃくダイエットとは

こんにゃくダイエットとは、低カロリーのこんにゃくを食べることで食事全体の摂取カロリーを下げる置き換えダイエットの1つです。

こんにゃくならスーパーでいつでも安く手に入り、調理も簡単なものばかりなので気軽に始められると人気があります。

低カロリーとして紹介されるもののなかでもこんにゃくは群を抜いてカロリーが低めなので、ダイエットにはおすすめの食材です。

こんにゃくダイエットの効果

こんにゃくの97%は水分でできているため、カロリーも低ければ栄養素もほとんどありません。

残りの栄養素のうち、こんにゃくの代表的な成分を挙げるとグルコマンナン(こんにゃくマンナン)と呼ばれる食物繊維があります。

このグルコマンナンは水分を含むと膨張する性質があるため、満腹感を得られて食べる量を減らせるダイエットに嬉しい成分です。

また、食物繊維の一種ということから便通を促して便秘の解消にも役立ちます。

こんにゃくダイエットのやり方とおすすめメニュー

こんにゃくダイエットの方法について、ポイントを次にまとめました。

こんにゃくダイエットのポイント

  • 3食のうち1食のメインをこんにゃくに置き換える
  • こんにゃくは1日300gまでにする

こんにゃくはお腹のなかで膨れるため、全体の食事の量は少なめでOKです。

3食のうちできれば夕食のメインをこんにゃくに置き換え、1日の合計摂取カロリーを減らしましょう。

スーパーやコンビニでは、低カロリーの刺し身こんにゃくやこんにゃくラーメンが売っています。

特にラーメンの場合、通常だと1杯600~700kcalあるのに対してこんにゃくラーメンでは1杯100kcal未満なので、これだけで1日500kcal以上減らすことができます。

こんにゃくラーメン
こんにゃくラーメン以外にもこんにゃくうどんやこんにゃくそうめんなど、糖質ゼロで食物繊維が入ったこんにゃく麺が売られているので、興味のある人はぜひ試してみてください。

こんにゃくダイエットの注意点

すぐに結果を出そうと食事をこんにゃくだけで済ませるのは、健康を損なう危険があるため注意しましょう。

成分を説明したとおりこんにゃくの97%は水分ですので、こんにゃくだけだと水しか飲んでいないのと同じように十分な栄養を摂取できていません。

こんにゃくダイエットは1食のうちメインの料理をこんにゃくに置き換えるだけで、その他のおかずは今までどおり食べる必要があります。

無理なダイエットをして体調を崩してはいけませんので、必ずこんにゃくダイエットのルールどおり実践してください。

こんにゃくダイエットの口コミ

こんにゃくダイエットを実践している人の口コミを紹介します。

こんにゃくは調理法も多くメニューもたくさんあるので、毎日食べるルールもそんなに苦にはならないようです。

40代 女性の口コミ ★★★★★

こんにゃくダイエットを始めて3カ月経ち、目標だった50kg代に到達しました。

家族のみんながこんにゃくダイエットに協力してくれたため続けることができました。

20代 男性の口コミ ★★★★☆

帰りが遅くてコンビニ弁当かカップラーメンばかり食べていましたが、こんにゃくラーメンに変えて痩せることができました。

通販でこんにゃく麺の替え玉を大量に買ってます。これはおすすめのダイエットです。

30代 女性の口コミ ★★★★☆

豆腐ダイエットを続けて効果が出なかったので、こんにゃくダイエットに乗り換えました。

いま40日目ですが、体重が3kg減ってます。このまま続けたいと思います。

40代 女性の口コミ ★★★★☆

毎日こんにゃくではつらいので、1日おきにこんにゃくを食べてます。

まだ体重は落ちてませんが簡単にできるダイエットなので、ストレスのない程度に続けていこうと思ってます。

スポンサーリンク

こんにゃくダイエットのまとめ

こんにゃくダイエットは食べる量を減らさずにカロリーを大幅に減らすことができるダイエット法です。

ただ、こんにゃくはほぼ水分でできていることから栄養面での心配があり、必ず他のおかずもしっかり食べなくてはいけません。

ルールを守って、健康的にダイエットを成功させましょう。